金属を芳しく、新しい息吹をあたえる

日本の風土の中で、永年にわたり受け継がれてきた生活習慣や美術工芸品などには文化的なものが数多く生まれています。

自然と調和しながら発達してきた日本風建築の装飾用金物の中に錺金物(かざりかなもの)があります。
錺職とは、鋳造・鍛造・彫金・象嵌・七宝などの金属加工の一方法で金属を芳しく細工する職業をいいます。
文化六年(1809年)以前に初代・錺屋金五郎により京都で錺職人として創業を致しました。 主に、襖引手・御殿引手・釘隠し・屏風金物・神社仏閣錺金具・格天井金具・錺金具全般及び文化財の修復・復元品等手がけて参りました。

素材も、金・銀・銅など用途によって多岐にわたっています。
古都、京都の伝統のなかで培われてきた技法を伝承し、金属を芳しく、新しい息吹をあたえる作品の制作に錺職の持味を発揮すべく、日夜研鑽致しております。
皆様方の御愛顧の程御願い申し上げます。

錺屋 八代目 松田聖

トピックス

2017.6 【掲載されました】
『なごみ』7月号(淡交社)
2016.12.4 【掲載されました】
北日本新聞「ユネスコ無形文化遺産登録 山・鉾・屋台行事」

2016.5.19 【出演】
『和風総本家』
「鎌倉を支える職人たち」
2014.5 【出演】
キャノンビデオスクエア
『綴プロジェクト 250年の時を埋める ~大覚寺正寝殿障壁画』
(06'58'')
250年の時を経て京都・大覚寺に高精細複製品として里帰りした障壁画のドキュメンタリーに出演させて頂いております。
2014.4 【出演】
宝塚歌劇・専用チャンネル
『いにしえ逍遥・旅タカラジェンヌ・宇治(2)編』

宝塚、星組の礼真琴さんの番組に出演させて頂きました。
2014.2 【掲載されました】
一般財団法人・京都府建築士会 京都だより4月号

2013.6 【TV出演】
『一子相伝』
(朝日放送)
出演させて頂きました。
2010 【掲載されました】
京の匠 拓人「TACT 秋」2010・秋(第一工業製薬 社報)
【掲載されました】
京都匠倶楽部第8号 匠の京都案内(講談社MOOK)p.96-97
襖の引き手 百年残したい京都 京もの
【掲載されました】
月刊「茶の間」2010年2月淡雪号 p.44-47
京の伝統工芸 錺金具の美(かざりかなぐのび)
2010.06 【TV出演】
「和風総本家」
(テレビ大阪制作・テレビ東京系列全国ネット)
「日本家屋を支える人々」に出演しました。

錺屋について

錺屋有限会社 松田

本社

〒612-8081 京都府京都市伏見区新町12丁目308番地

工房

〒611-0041 京都府宇治市槇島町11-67-12
TEL(0774)24-6663
FAX(0774)24-6336

会社案内のページへ